九谷焼のこと

九谷焼を支える粘土作りの現場へ


ライター名

この記事を書いた人

九谷焼MAG 編集長

九谷焼MAG 編集長 です!

九谷焼を支える粘土作りの現場
谷口製土所

 

粘土がなければ九谷焼は作れない。
九谷焼と聞くとついつい絵付けや釉薬といった加飾に目を奪われますが、粘土があるからこそ器が形作られ、そこに絵付けを施すことができるのです。さて、その粘土。いったいどのように作られているのか。
そこで、小松市にある谷口製土所へ。
谷口製土所は、3代続く粘土屋さんです。
ニーズに合わせて数種の粘土を開発していて、地元の窯元や作家はもちろんのこと、全国に粘土を届けています。
さらには、粘土の魅力を最大に生かしたオリジナルブランド「HANASAKA」も展開しています。
そんな谷口製土所の3代目である谷口浩一さんが最初に案内してくれたのは、谷口製土所から歩いてすぐのセラボ九谷。
セラボ九谷とは「九谷セラミック・ラボラトリー」の通称で、複合型の九谷焼の施設です。九谷焼の展示販売や、ロクロ、手びねり、絵付けなどの体験もできます。

谷口製土所の粘土作りは、セラボ九谷で見学できる!
セラボ九谷には、谷口製土所が管理している製土工場があります。機械は展示品ではなく現役で稼働していて、ここで作られた粘土が、実際に窯元や作家の手に渡っているのだそう。工場が丸ごと展示されている…九谷焼において、いかに粘土が重要かを物語っていますね。
さらにいうと、石川県内において粘土屋さんは数を減らしに減らし、今は2社しか残っていないそうです。(そのうちの1社が谷口製土所)粘土屋さんそのものも、実は希少な存在なのです。

稼働しているのは
昔ながらの粘土製法を継承する「スタンパー」
谷口製土所では2種類の製造方法で粘土を作っているそう。その1つが「スタンパー」という機械で粘土の原料となる陶石を粉砕し、水簸という工程を経て粘土を作る製造方法です。谷口さんいわく「原料である陶石には、粘土になる成分と粘土にならない成分がひと塊になっているんです。それをスタンパーという杵のような機械で打つことで、粉砕しながら、くっついている成分同士を剥がしている感じです。ある程度バラバラになったところで、水簸という工程に移ります。ここで粘土にならない成分をあらかた取り除いています」。
陶石を粉砕するのに今は、機械を導入していますが、原理的には昔と変わらない製造方法なのだそう。その工程をさらに詳しく見せてもらいました。

手間暇かかるスタンパー×水簸で作られる粘土の製造工程

1.  採掘した陶石を粉砕する
クラッシャーという機械で石の塊である陶石を細かくしていく。

2. 乾燥させる
原料としている花坂陶石はとても吸水性が高い。粉にした状態でも水分を多く含んでいるため乾燥させる。スタンパーで均等に粉砕するためには、ちょうど良い湿度にする必要がある。

3. スタンパーにかける

杵のような機械で打ちつけ、陶石をさらに粉砕し、粉状にする。陶石の柔らかい部分はさらに細かく、粘土成分ではない硬い長石や珪石は小石大のまま残る。

4. 水簸(すいひ)
粉状の陶石を水に浸す。珪石と長石は粘土成分より比重があるので、下に沈み粘土成分の層と珪石・長石の層とに分かれる。それをすくって取り除く。
↓下からすくい出した花坂陶石に含まれていた長石と珪石。


1〜4を繰り返し、珪石と長石をある程度取り除かれた泥状の粘土を溜める。
ここまでがセラボ九谷内での工程。以下は、谷口製土所の事務所に隣接する工場へ。

5. 鉄など他の不純物を取り除く
泥状の粘土が一定量溜まったら、振動振るい機や電気磁石で不純物を取り除く。不純物である鉄の粒があると、器を焼き上げた時に鉄粉の焼けた痕が残ってしまうそう。

6. 脱水
不純物も取り除かれた泥状の粘土を脱水機の型に入れ、絞るように圧迫して脱水する。絞り出された水は下に落ちて流れていく。

花坂陶石は粒子がスポンジ状で、吸水性が高い。水簸の工程などにより、たっぷりと水を含んだ状態であるため、脱水には約10時間がかかる。

7. 粘土完成
脱水し終わった状態で出荷することもあれば土練機にかけて粘土を練り上げ空気を抜いた状態で出荷もされる。

↓土練機にかけた粘土。

機械を使っているとはいえスタンパーで約7時間。水簸にも時間を要します。さらにスタンパー×水簸の工程を繰り返して泥状の粘土を溜めなければなりません。そして脱水に約10時間。粘土が出来上がるまで本当に時間がかかることがわかりました。
また、湿度によって粉砕時間を見極めたり、水簸の工程では手作業があったりと完全な機械化ではなく人の手を通して丁寧に粘土が作られていると感じました。

それでは、もう1つの製造方法もみていきましょう。

 

高い生産性が魅力。物がよく売れた時代を支えた
トロンミルで作る粘土の製造方法

1. トロンミルに材料を入れる
ミキサーのような巨大な装置・トロンミルに、水と粘土になる材料を入れて作っていく
。製造する粘土の用途に合わせて材料の調合は異なる。

2. トロンミルで材料を擦る
トロンミルの中には材料と同量程度の玉石が入っていて、トロンミルが回転すると玉石がこすれ合い、それによって材料も一緒にすられながら混ざり合う。

3. 不純物を取り除き、脱水
その後、電気磁石で鉄を除き、ふるいにかけて不純物を除いた泥状の粘土を脱水して、完成させる。

トロンミルは装置といっても巨大な機械。1回で2.5トンの粘土を作ることができるそうです。物がよく売れた時代、スタンパーでの製造では時間がかかり生産が追いつかないため、生産性を考慮し、谷口さんの父である先代の社長がトロンミルを導入。今では、材料の調合を変えることで、ニーズに合った粘土を何種類も生産しているそう。

 

2つの製造方法。それぞれの特徴は?

スタンパー×水簸で製造した粘土は、非常にロクロ成形に向いていているそう。特に、大きな器をロクロで作る時などは、スタンパーの粘土は最適なのだとか。またその製造工程自体に価値があるという谷口さん。「スタンパーは機械を導入しているとはいえ、原始的な製法です。つまり、昔ながらの製法で作られた粘土という付加価値があるんですよね。その点において、スタンパーで製造された粘土の魅力や価値は今後も高まって行くと思います」。
かたやトロンミルは、材料を調合して粘土を作る製法。調合の割合などを変えることで、型離れの良い鋳込み成形にあった粘土や、タタラ成形に向いた収縮率が小さい粘土など、用途にあった粘土を作ることができるそう。

 

原材料である花坂陶石のこと

セラボ九谷の裏手には、原材料である花坂陶石がありました。この花坂陶石。なんと江戸時代後期に発見されたものです。江戸時代に花坂陶石が見つかっていなかったら、九谷焼は今に続かなかったかもしれないと言われるぐらいの大発見。実際に、花坂陶石の採掘は続いていて、今も原材料として九谷焼を支えています。
採掘場から運ばれてきた陶石には質の良いものと悪いものがあるそうで、その違いを谷口さんに聞いてみると「違いは、風化が進んでいるかどうか。風化が進んでいるものは質がいい。柔らかくて、手で簡単に崩すことができます。逆に、風化が進んでいないものは、硬い」。風化という言葉を聞いて、陶石は、天文学的な時間をかけて、自然が育んだ貴重な産物であり、その陶石が、約360年の歴史を誇る九谷焼を支えているということを理解しました。

 

・・・

九谷焼は確かに絵付けが見事。
ですがそのベースである粘土や原料である陶石がなければ始まらない。粘土や陶石にまで思いを馳せるとますます九谷焼の魅力が増します。

今回、粘土作りの工程を教えていただいた谷口製土所のオリジナルブランドHANASAKAもぜひチェックしてみてください。
http://www.hanasaka-kutani.jp/

また、九谷焼の複合施設・セラボ九谷も楽しいです♪
https://cerabo-kutani.com/